2024/07/02 (火) 01:29:20

[おしらす]

クララズという一人ユニットで歌を歌っています。

▼NEW リリース!!!▼
2018年5月2日(水) 全国発売
1stミニアルバム『海が見えたら』
7曲入り / 1500円(+税)


→くわしく

▼これからのライブ▼ →ご予約やお問い合わせ

■12月1日(土) 自由ヶ丘マルディグラ ※ハイパー

トシ☆ザ☆グルーブ/北山組/クララズ

開場18:30/開演19:00 2000円+1Drink

■12月23日(日)渋谷 喫茶SMiLE ※ソロ

川和田遼/菊地芳将とマジックアワー/林レイナ/emura ken band/クララズ

1500円+1Drink

■12月25日(火) 千駄木 古書ほうろう ※ソロ
サウダージな夜

■12月27日(木) 渋谷HOME ※ニュースタイル


 
 →これまでのライブ

▼シングルCD『コンコース』、発売中!▼
(前作『ブレンド』、ライブ会場にてCD-Rで販売。)
▼お取り扱い店
ペットサウンズレコード(東京)
モナレコード(東京・オンラインショップ)
THIS TIME RECORDS オンラインストア


「エアメール」MV


「コンコース」MV
Trackback(-) comment (2) | クララズ
2024/05/26 (日) 03:18:49

ライブ映像

クララズ「Just Coffee For Now !」Live at 下北沢 mona records



2017/04/30(sun) 下北沢mona records
クララズ presents『メリメロサンデー』
【出演】
Kailios(京都) / クララズ / HeatMiser / ((the submariners)) / DJ:レコード水越


撮影: かっちゃん/アダチヨウスケ
編集: アダチヨウスケ
Trackback(-) comment (0) | クララズ
2018/09/29 (土) 23:04:26

下北沢、渋谷

9月29日

夢見る港のレコード発売記念ライブに行った。
たくさん知っている人が来ていた。
夢見る港をはじめて観たのは、4年前に共演したときか。
私はそのとき、彼らと交流できたことが嬉しかった。
ライブ活動で、特に仲の良い人もいなかったあの頃だったけれど
彼らと繋がったことにより、人脈がブワーと増殖。
枝は脈々と分岐し、伸び続けるしかなく、今はたくさんの仲間に恵まれている。
そんなことを、アンコールを聴きながら思い出した。
出港おめでとう。


さきこさんとキクチくんとカフェに入った。
彼らはゆうべ明け方まで飲んでいたらしく、キクチくんなんて明け方の適当な会話みたいに思いついた冗談を言い放つし、さきこさんは記憶がガッパリ抜け落ちている。
そんな話をききながらタコライスを1割つついたところで
キクチくんは同時に来たはずのカレーライスを完食。
久しぶりに唖然とした。



渋谷HOMEでクララズの公演だった。
共演には、ArtTheaterGuild、ソフトタッチ、金子駿平バンド。
直球なパワーポップ、ロック、その人しか発せられないような歌で、
すごく好みだった。
ATG、去年一度共演したけど、そのときよりも堂々としていて、かっこよかった。
色々なアクシデントがあったにも関わらず、
あまりそれに気づかなかったり気にしないぐらい、
ハードルをひょいひょいと跨いで最後まで良いショーをみせてくれた。


クララズは初めての組み合わせのメンバーだったけれど、安心感があり、楽しくできた。
ご覧くださった皆様、ありがとうございました。


そういえば今回サポートしてくれた3人の中の、内山うちおやイラミナ君は同じ楽器ケースを使っている。
それについて先日のスタジオで訊いてみると、イラミナ君の口からは
「これにしてから人生変わりました。」
とビッグな発言が出て来た。
気になって3日程前に楽器店でそのケースを見つけ、値札を見てみると、なかなかのお値段だった。

「あれ、楽器屋でみたんだけど結構値段するね。」
「高いですよね。」
「でも値段以上の価値はありますよ。」
「まじで、これにしてから人生(略)」
「側面が全部収納ケースになってておすすめ。」
「いやー、最近私が使ってるケース、ファスナーが壊れ始めちゃったからさ。」
「これは壊れないっすよ。一生壊れません。」
「一生!?」

そこで、「絶対に壊れないケース」に対して「絶対にケースが壊れるギター」と呼ばれるものが登場したらどうなるか、という考えに至った。
○モリ倶楽部とかで検証してもらえないだろうか。

 
Trackback(-) comment (0) | クララズ
2018/09/21 (金) 02:44:23

説明したい

最近、SNSで毎日のように自分が出演するライブ情報が解禁されているから、毎日告知している。
こんなに機会があることは有り難い。本当にどれも特別で、違った特徴や思い入れがある。
来てほしい思いは山々だが、行きたいと思われたみなさんはすべての山へ足を運ぶことは難しいだろう。
日程のほか、出演者やロケーションなども、
山選びの大事なポイントになると思う。

現状発表されているライブについて、いちいち説明させてほしい。



◼︎9月29日(土)夜

場所:渋谷 HOME
『border』
出演:ソフトタッチ、ArtTheaterGuild、金子駿平バンドセット、クララズ、DJ Yuki Nakajima、Yuka Takei

説明しよう。
馴染みのライブハウスHOME。
クララズが久しぶりに4人編成で演奏する。
ギターに内山うちお、ベースにイラミナ君(こみゅにけいしょん)、ドラムスに橋本あさ子(ODC)。
この組み合わせは初めてなのだが、全員クララズの曲コーラス経験があるので
全員で歌うことにした。
えっ、全部を全員で歌うの?
メンバーがその気になったらその可能性はある。
打ち合わせ上、しかるべきところでそうすることにしている。
後藤正文氏(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のレーベルonly in dreamsからアルバムリリースのソフトタッチ、
ピロウズの山中さわお氏によるプロデュースでアルバムを発売したArtTheaterGuild、
豪華なサポートメンバーでバンド編成の金子駿平バンドセットと、
非常に楽しみな内容となっている。


■10月4日(木)夜

場所:渋谷HOME
夏から冬へ〜駆けてゆくマイウェイ〜
出演:サトーカンナバンド、Pale Fruit、月の満ちかけ、井上花月と川島健太郎(Laura day romance)、三輪卓也BAND、クララズ
出店:megumi yamazaki

説明しよう。
サトーカンナさんが企画に携わっている秋の芸術祭(と呼ばせてほしい)。
カンナさんにはクララズのMVにも出演してもらったり、仲良くさせてもらっている。
出演するアクトを見るにグッドメロディ・ソング・歌を楽しむ要素が、秋に穫れる食材のごとく豊かにつまっている。
その期待は大幅に外れることはない。
芸術要素を感じたのは、イベントフライヤーがカンナさん手製コラージュのものであること。
そして…Eupholks、Holiday!Records、indigo la endのグッズなどで活躍しているイラストレーター:megumi yamazakiさんのグッズ出店があること。必然的な線によって描かれたポップな生物と、ちょっと茶化したような塩梅が絶妙で良い。Tシャツとかキーホルダー売っているんだろうか。
タイトル「夏から冬へ」とあるが「さあ夏から冬の間には何があるでしょう」と問いかけているようだ。そこは、マイウェイを駆けていいらしいっす。
サトーカンナ企画を観に行ったことも出演したことも何度かあったけど心地よい安心感、ウェルカム感があり、大きくはじけなくても楽しめる。
余談ですが彼女もわたくしも同じ10月生まれです。
10月初めてのライブで、彼女と久しぶりに共演できることが嬉しい。


◼︎10月13日(土)夜

場所:高円寺 喜楽Music Warehouse
"Merge, Emerge 5"
出演:Eupholks、SPIICA、クララズ

説明しよう。
楽曲もアートワークも、素晴らしいセンスのEupholks。
ライブが好きでクララズのアルバム発売記念イベントにお呼びしたのだが、
なんとEupholksからも彼らの企画イベントに呼んでくだすった。
その嬉しい機会には、クララズは4人編成で出演しちゃうのだが…
ベースにはレギュラーサポートのアダチヨウスケ、なんとドラムとギターには
フォークグループたけとんぼの、ひらまつりょうた、木村理志を迎える!
私はきむりんのドラムも好きだ。
そして、ひらまつ君はエレキギターでライブに登場するのは大変貴重で、彼が持っているギタープレーの引き出しから、クララズの楽曲にどんな演奏を乗せてくれるのかが、楽しみなポイントである。
ちなみに会場の喜楽はビルの上の階にあり、演奏者とお客さんが非常に近く空間を共にできる構造となっている。
7月にEupholks企画を観に行ったら人がたくさんだった。
東京で、たけクララズ観れるのは都内どこ探してもここだけ。



◼︎10月20日(土)昼から暮れまで

場所:福井県鯖江市 日野川河川緑地公園
RENEW×tsumugu「工芸のまちを紡ぐ音楽」

出演:ノンブラリ、vivid branch、noid(acoustic set)、Easycome、CHIIO、HoSoVoSo、やまも、Tago&Magos、クララズ、DJ NOTORIOUS ROCK

どこから説明したらいいのか…
まず、福井県に降り立つことも初めて。もちろんライブすることも初めて。
しかも、この日にクララズは4人編成で、たけクララズで出演する。
バンドでの野外ライブも初めてだ!
実はこの音楽イベントtsumugu主催の大谷さんが、福井県でたくさんクララズのCDを売ってくれて、私が降り立ったこともない地に住む人々が、バンドサウンドのアルバムを愛聴してくれている(はず)。
ソロで行くなら簡単だけれど、せっかくならばアルバムの印象に近い音でライブをしたく、諸々の都合の道をこじあけ、このメンバーで演奏することにした。
そして、ほかの共演者は北陸を中心に、大阪から、三重から、東京からも、インディーズシーンに名を響かせている面々が集結しており、クララズ2018年史上もっとも豪華なラインナップとなっている。
このRENEWという催し自体も、伝統工芸品から趣味の良いアクセサリーまで、全国からたくさんのものづくりの人々が集まり、展示や販売、ワークショップまで行われ、大変興味深い。
よく知らない私が説明できるのはここまでで、きっと行けばそれ以上の情報を溢れんばかりに体験することができる。
みなさんも一緒に越前町を知ろう〜。
→イベントについて。



◼︎10月28日(日)夜

場所:渋谷 喫茶SMiLE
『ハイパーブレンド3』
出演:クララズ、ミチノヒ、ドッグフード買い太郎、押野健

説明しましょう。
色々おすすめしておいて、これが最も来て頂きたい公演です。
なぜならば私が立ち上げたライブだからです。
急に敬語になるのも仕方ない。
3回目となる、わたくしがみなさんにも自分にもお届けしたい弾き語りイベント。
つまりクララズもこの日はソロでステージに立つ。
広島のドッグフード買い太郎を、東京に招致したかった。
今年たまたま観たライブで衝撃を受けた押野健。
そして、弾き語り会のつもりだったのにバンドお呼びしちゃった、ミチノヒ!
ミチノヒは、心優しく、かっこよく、誠実なギャルバンド。
今年は、なりすレコードから7インチシングル、続けてすぐさまアルバムをリリース(ジャケットが奈良美智さんだぞう!)。
レコ初イベントを観に行ったら、以前日記にも書いたけれど、3人の絶妙なバランスと、そういう冷静な考察を飛び越えて、触れられたような温度というか熱を感じ大変よかった。
ミチノヒのことばっかり書いちゃった。
喫茶スマイルはなんと、クララズの最新ミュージックビデオのロケ地でもあります。
赤い壁?白く光る部屋?
とか色々、落ち着かなさそうなこと想像されるかもしれませんが、
ひなだんのような客席で、座ってゆっくりとご覧になれます。
名前は喫茶とありますが、お酒がたくさんあるお店です。
お酒じゃないものももちろんあります。
とにかくこれは、どんな場所だ?どんな歌だ?と、遊びに行くような感覚でいらしてください。


◼︎11月3日(土)昼から暮れ

場所:彦根 銀座芝居小屋
"Big Day Coming"

出演:チルコ、unsnaff (東京)、加納未樹、バカがミタカッタ世界。、アベフミヒコ(SIRMO STAD)、岡本悠利、クララズ(東京)、DJ BA↗︎
food:ななばけ食堂
写真:fukuda sayaki

説明しよう。
京都のKailiosというバンドと共演して知り合った、そのメンバーのチルコ。
初めて会ったときは髪型も身長も同じで、よく背中を合わせて背比べのような記念撮影もしていたが、
やがて髪型はそれぞれの道を歩き出し、よく会うものだから背中合わせの写真もすっかり撮らなくなり…
平たく言うと、これはチルコ初の企画ライブである。
彼女が住む滋賀県、ここでも私はライブをしたことがなく、今年の春からほんのり誘ってもらっていた。
実は、私が大阪で開催したハイパーブレンド2にもチルコは出演してくれていた。
糸を編み出すような演奏が、海や星空を見ているような心地よい感覚にさせる。
そんな彼女が集めた出演者、食べ物、空間そのものはきっと、
心地よいだけでなく、面白いものになるに違いない。
ヨラテンゴから拝借したこのタイトル通り、私にとっても大事で楽しみな日である。


 
Trackback(-) comment (0) | クララズ
2018/08/26 (日) 23:58:36

瓦フェス

8月25日

川床の企画、瓦フェスに出演。
秋葉原に残る千代田遺産、築90年の海老原商店にて。


クーラー18度設定でも、氷が必要なくらい暑かった。
そんな中、畳で聴く音楽は涼しく、風情があるものだった。


たけとんぼの平松君ときむりんとブラ秋葉原。
銅板建築のボタン屋さん発見。
建物が非常に古く、なりふり構わずiPhoneで外観の撮影をする。

「好きなだけ撮っていいよ!!!」

中から店主が笑って叫ぶ。
この建物も、昭和2年に建てられたヴィンテージビルヂングである。
銅板の壁はなんのためか平松君が訊ねると、
防火のためだと店主は仰った。
平松君と同様、戦火から守るためと私も思ったが、関東大震災の数年後に建てられたものである。

店主は、私たち3人について訊ねた。
「あんたたち、学生?一般人?」
学生orその他的な、極端な分け方が面白い。まあ店主として「一般人」とは、勤めている人のことなのだろう。
きむりんは大学生だし、平松君と私はどちらかと言えば一般人だ。

「一般人です。」
「それにしては、随分のんびりとしているね!」

学生のような風貌だろう。
のんびり、という表現が咄嗟に出て来たのは良い。
ご名答、という感じだ。
店主は、生粋の江戸っ子オーラがぷんぷんの、陽気な方だった。


周辺を歩くと、洋裁のための専門店の看板が多く見えた。
現存していないものはきっと多い。
海老原商店も、その中のひとつ。

秋葉原は、電気街である以前に、そういう街だったことがわかった。



瓦フェスは、日が暮れるまで行われた。
最後の川床の演奏は、夏の終わりの寂しさも感じさせなかった。
これからがむしろ、楽しみなのではないか。
彼らの音楽には、日本人の血がしっかりと通っているような歌心を感じる。

畳があれば、ブリッジや逆立ちなどの挑戦をしたり、
打ち上げでテーブルを囲んで開缶したりと、
親戚の集まりのような雰囲気を味わえた。

この歴史的な建物で音楽イベントが行われたのは初めてだった。
そういう意味で、海老原商店にとっても川床にとっても挑戦だったかもしれないけど、
あまりそうは感じなず、スムーズな進行に身を委ねられた。
楽しい夏を、ありがとう。

 
Trackback(-) comment (0) | クララズ
クララズによる自由研究、日誌