2016/02/25 (木) 22:42:40

さよなら日本食堂


0224_convert_20160225221811.jpg



東京駅で唯一飲食店が何軒も並んでいるエリアが、今月いっぱいで閉鎖してしまうから行ってみた。
「蕎麦屋、寿司屋、チャーハンは美味しかった」との噂は聞いていたけど
私は、日本食堂に行ってみた。
昔、長距離列車の車内食堂で営業をしていた会社の名前だけど、それと同じものなのか確かめたくて。



0224__convert_20160225223332.jpg


列車みたいな外観内観が魅力的だった。
お店の方は「店員さん」というよりは、彼らのスマートな動きから、「ウェイトレス」と呼びたい。
テーブルクロスがきれいで少し高級気分を味わえるし、なかなかに贅沢な気分を味わえるランチだった。(お、お値段も然り)
ハヤシライス美味しかった。
車内食堂って、こんな感じだったのかなぁ。
本当はワインも飲みたかった。


奥のカウンター席に写真が展示してあったから、会計のあとウェイトレスの方に
「ちょっと覗いていいですか?ついでに写真も撮っていいですか?」
と聞いたところ快くOKくださった上に、
説明まで頂いた。
展示写真はやっぱり、昔、長距離特急列車で活躍していた「日本食堂」のようすだった。そして、ここはそれと同じ会社だった。
実は私の母も、私が生まれる前に日食で働いていたことがあり、
展示写真のウェイトレスの写真を見ては
母の姿を想像するのであった。
結びつかなかった。




で後日、昭和の車内販売の話を母から聞き出した。
主に、新潟〜金沢、新潟〜大阪間の特急列車(雷鳥)で勤務していたらしい。
「景色なんて見てる暇なんかなかった」と言う。
ウェイトレスたちの賄いの話や、
調理場で揚げ物に使う油が列車の振動で跳ねないようにしていた工夫、
調理師のキュウリの切り方に見とれたこと。
大阪からお客が乗車する前に、車内販売のぺーぺーはテーブルなどを掃除したりお花をさしたりする時間勝負の作業に追われたこと。
その間、先輩たちは食券の勘定をして、時間が余ればタバコぷかぷかタイム。
大変な業務だったかもしれないけれど、
私からするととても貴重な体験に思え、実〜に興味深い話だった。


ちなみに、私の兄妹は全員、鉄オタだった。
母も別に鉄オタではなかったと思うから、鉄道に興味持てよ教育も受けていない。
不思議と、同時期にみんな一緒にハマっていたのではなく、それぞれ、幼少の頃や20歳前後などに興味を持ったのだった。
毎日のように長距離列車で日本を往復していた母から、鉄分をしっかり受け継いだのだろうか。


 
Trackback(-) comment (0) | 鉄分
2013/10/15 (火) 17:20:11

祝日


Ghosting/Freelance Whales








祝日に出掛けるとは何事か。
鉄道の日なのでカボチャ色の115系が東京駅に来るっつーことで、、、

なんか眠くてボーッとしてたら、もう115系を見るのに間に合わない時間になってた。
まぁ115系は、今度行く西日本にもいっぱいいらっしゃるし。
やっぱりE6系(スーパーこまち)を見に行こうと決めて、東京駅へ行くことにしました。
だけどそれも間に合わなかったので、神田駅ホームに降り立つ。




IMG_8322_convert_20131015164801.jpg

その上、うまく撮れませんでした。
まぁいいやと思って、東京駅に着いて新しくできたグランルーフのテラスを歩いてみようと、エスカレーターをのぼった。



IMG_8332_convert_20131015165242.jpg

そしたら、新しく線路が敷かれてた。
新路線か知ら、寝耳に水!!!と驚きながらぽけーっと眺めた。すると…



IMG_8329-_convert_20131015170531.jpg

おおお、



IMG_8327_convert_20131015171424.jpg

スーパーこまちじゃん!

これは今日だけのイベントなんだね。
子どもたちがたくさん並んでた。
祝賀ムードの東京駅。ほかにもいろんなエリアで鉄道グッズが販売されていて、今年の日比谷公園の鉄道フェスに行けなかった私もちょっと良い気分味わえました。財布の紐はかなりきつくしといた。

ご飯を食べてからいろいろ散策するんだが、さすが祝日、どこへ行っても人わらわら。
ステーションホテルの中、はじめて入った。
宿泊しなくても、レストランやカフェを利用できる。
ああ高貴な雰囲気。エレベーターもかっこよかった。

家では宿題が私を待っているから、ゆっくりしていられず。
帰るためホームに着いたら、「団体」と表記された山手線が通過していく。
中に花嫁さんとかが見える。

こ れ は !

IMG_8348_convert_20131015170900.jpg

今日だけ限定、山手線内での、結婚式列車でした。
すごーい。
こんな大胆なイベント列車も、首都圏では珍しい。
良いのが見れた^^

以上、お出かけ一人プレーでした。
いつもより浮かれてハッピーな日だったけど、にたないけんさんのライブは観たかった。
実は前の、奇妙さんたちとのライブもめちゃ気になってたんだけどそれも行けなかった。いつか。
10月14日。
Trackback(-) comment (0) | 鉄分
2013/07/13 (土) 10:42:13

常磐線どんぶらこっこ

むかしむかし私の同期生である友達が、常磐線を使って高校に通っていました。
あるとき友達は制服のまま、学校とは逆方向である北に向かってどんぶらこっこ電車に揺られていったのです。
(中略)
そしたら海が見えてきたんです。
そんでお腹が空いたから適当なところで降りて、持ってた弁当を駅のホームで食べて、そんでお家に帰ったんですって。チャンチャン。

私はその話を聞いてはじめて、日暮里や上野でよく見る常磐線が東北地方にまで繋がっていることを知りました。海を見たいと思いました。





7月10日にやってみた。
朝8時ぐらい、首都圏の通勤ラッシュをくぐるところから。
人混みすごいな〜…何度通ってもすごいな〜…
日暮里駅から常磐線に乗り換える。



IMG_6943_convert_20130712202509.jpg

下り方面はやっぱ空いてた。


IMG_6952_convert_20130712202639.jpg

乗って30分すると、もう田園チックになる。


IMG_6950_convert_20130712202549.jpg

IMG_7076_convert_20130712205839.jpg

普段みない車両にお目にかかったりと、ワクワクする。
長い乗車になるから本持ってたけど、車窓を見るのに忙しくてそれどころじゃない。



取手をすぎると、草の匂いがしてくる。
土浦で車両が前後切り離されて、ここからドアは"自分でボタン押して開ける"式になる。
神立をすぎると、もっと緑に囲まれるようになり、不思議と車内広告もローカルっぽく見えてくる。
なんか臭うと思ったら、車窓に牛小屋が見えて、牛くんたちがいた。
ちょっと東京が恋しくなってきた。




IMG_6962_convert_20130712202719.jpg

水戸着!


IMG_6972_convert_20130712202909.jpg

ここで、別の車両に乗り継ぐ。
ちょっと車両が古いけど、シートがフカフカしてて座り心地がいい!


IMG_6981_convert_20130712202958.jpg


そして、周りの乗客はおじいさんおばあさんが多く、会話を聞くともなく聞いているとイントネーションが少し違ってて、遠くに来た感じがした。
日立のあたり、ついに海が見えた!
テンション上がる。





IMG_6987_convert_20130712203608.jpg

IMG_6985_convert_20130712203510.jpg

11:40頃。
地元の駅を出発してから3時間半、勿来に着いた。



IMG_7002_convert_20130712204128.jpg

IMG_6990_convert_20130712203656.jpg

運賃表の路線図も見慣れない。
ほんとは宮城県まで行ける常磐線。
広野駅からは警戒区域のため運休してる。




IMG_6999_convert_20130712204051.jpg

ここはいわき市。
ああ、遠くに来たわー。お母ちゃんにメールした。




IMG_7006_convert_20130712204339.jpg

天ぷらのお食事処、天宝。

IMG_7007_convert_20130712204427.jpg

メヒカリを食べに来た!
揚げたての小さな魚は、中身ホクホク、柔らかい。
おいしい。




車を使えばもうちょっと観光できそうなところはあるのだけど…
徒歩なので、しかも30℃越えの暑さなので、みるところはかなり限られる。
1Km先の温泉施設「関の湯」めざした。
日傘持っててよかった。
国道6号線沿いにトラックが通るたびに、強い風が吹く。傘が飛ばないように持ち手にしがみつく。
東京が恋しくなってきた。



IMG_7013_convert_20130712204559.jpg

IMG_7018_convert_20130712204835.jpg

海だー…
来て良かった。波の音が気持ちいい。水平線が広くみえる。



IMG_7034_convert_20130712205024.jpg

「関の湯」は海に面していて、施設から海が見えた。
若者が波乗りに挑戦してる。
この写真は、風呂上がりのクリームソーダ。至福!





IMG_7049_convert_20130712205120.jpg

ボケーっとしてから、帰りの電車を調べて帰路へ。
4時間も経たぬ滞在時間だった。
ちょうど駅に着いた頃に黒い雲が出てきて、雨が降りそうだった。よかったかも。
高校生たちの帰宅ラッシュだった。




IMG_7061_convert_20130712205418.jpg

高萩で、特急に乗り換える。
フレッシュひたち、初めて乗るなぁ^^
車内は新幹線みたいに綺麗だし、売り子さんも巡回してた。




IMG_7066_convert_20130712205719.jpg

客層はガラリと変わって、スーツ姿の会社員たち!
超多い。PCで仕事してたり、電話するために席を立ったり、疲れて寝てたり。
夕方の新幹線のぞみに乗ったときよりも、みんな仕事してる感があった(;^ω^)





海の景色、緑の景色から
次第に建物の景色に変わってきた。
東京スカイツリーが見えて、満員の東武伊勢崎線が見えてきて…ホッとした(笑)





IMG_7096trim_convert_20130712210359.jpg

IMG_7089_convert_20130712210059.jpg

上野駅着いた。ただいまー



うん東京落ち着く。
あんまり向こうの人と話さなかったなぁ。もっと先にも行きたかったなぁ。
とか色々思ったけど、それでも行ってよかった。
鈍行いいです。
その沿線の姿を見れるから。

たまたまだけど、一年前のちょうど同じ日も四国に行ってはじめて瀬戸の海みた。
これはもう、自分の中で海の日を制定するか。
来年忘れてそう。

読んでいただき、センキューです。
知らない誰かが探すかもしれない旅の参考になればと、細かく書きました。










渚(スピッツ)/コトリンゴ
Trackback(-) comment (2) | 鉄分
2012/08/07 (火) 18:56:28

駅のカラー

お昼ご麺たべて、ふらふら歩いてたら東京駅の最北端に来てたので、神田まで歩いてみようかなって思い立ちてくてっく。





ガード下にちらほらお店が並んでる。
いい感じに寂れてます。
寂れてるって、ほかに良い言い方ないかな(笑)

いつか開通する常磐線の東京駅への通り道が工事中。
完成しちゃう前に、なんとなくその風景を撮り残しておきたい。

ちっちゃい公園にはスーツ姿の会社員がいっぱい、ひと休みしてた。多分、煙草を吸える貴重なスペースなんだろうな。その頃に17時の夕焼けチャイムが鳴る。
公園って子供達がいるイメージなのに、面白いなぁ。

数分で神田駅前に着く。
飲食店がごちゃごちゃ並んでる。
そこから更に歩き回ることなく駅へ向かった。

神田駅は、昔々交通博物館があった頃に使ったと思うからかなり久しぶりの利用。
というか初めて利用するような感じ。
そこから乗る山手線はすごく新鮮だった。
同じ電車でも、乗る駅によってずいぶんイメージがかわるもんだなと不思議に思った。

IMG_2945_convert_20120808205056.jpg

IMG_2947_convert_20120808205137.jpg

IMG_2951_convert_20120808205225.jpg




--追記----------


京都で会ったカナダの友達が、日本に何年か滞在するという知らせを聞き、手汗かくほどうれしくなった。
久しぶりに会ってお話したいけど、この英語力じゃ心配なのだ。
英語コツコツ勉強しようって、またまた改めて思った。
語学の勉強って、「話せるようになりたい」から始まるけど、その前に「コミュニケーションしたい」という気持ちが大きいなと思った。
trackback (0) | comment (0) | 鉄分
2012/06/09 (土) 20:33:09

土曜の雨

5月末ぐらいに、埼京線の試験車両"mue-train"が駅のホームに停車してた。思わず二度見(笑)


みゅー

mue









昨日の昼過ぎは曲書きが進みそうになくて、どうなっちゃうんだと思ったけど…
夕方に抹茶ラテすすってなんとなく作業始めたら進んで歌入れまで出来て、ほっ。
時間がたたないとわからないこともあるな(;^^)




今日も麦まるで釜玉うどん。
うまいんだものー。

釜玉
今日はあえてダシ醤油も何もかけないで食べてみたら…これがおいしくて(>_<)
あ、ネギ乗せたけど。
麺そのものの味がシンプルに味わえて、この食べ方もいいと思った♪

雨降りで、土曜の地下街は人通りが多かった。
trackback (0) | comment (0) | 鉄分
クララズによる自由研究、日誌