2017/06/19 (月) 02:13:39

制作日誌1

6月17日

クララズ、新作に向けてのプリプロダクション。
レコーディング本番の前に、シュミレーションするような作業です。
リハーサルスタジオでマイクをたくさん立てて、リハーサルをするように一斉に音を慣らして一発録り。
このメンバーは、欲しいところに音を置いてくれる。
口下手な私にとって非常にやりやすい。

はぁ〜ドラム叩くの楽しい!とオカシさん。
月〜金で、音楽とは関係のない仕事をしているメンバーも居る。
7日のうちの貴重な土日を、楽しんでくれて嬉しい。
「この楽しい気持ちが、月曜になるともうなくなってるんだよ。」
と言うヨラケンゴさんの言葉は切なげだった。
音楽している間は、みんな楽しんでいる。
この炎は、充電されることはなく、現実に戻るシュッと消えてしまうみたいなんだ。
だけどその炎を起こせているというだけでも、私は嬉しいな。
もちろん、私一人の力ではないが。
みんな日常を生きている。
私も、3時間のプリプロのあと、別の用事へ行方をくらました。

なんの話じゃいって感じだけど、
新作に向けて動き始めることができました。
プリプロから既に、とても良い感じだ。

 
Trackback(-) comment (0) | クララズ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌