2017/07/23 (日) 04:06:26

生うたコンサート

東京でずっと育っているし、鉄道が好きな時期もあったが
西武新宿線だけは乗ったことがなかった。
はじめて乗る西武新宿線、遠足のような気分で黄色い電車に揺られた。


西東京市に位置する西武柳沢駅。
そこから降りて数分のところに、7月オープンしたばかりのノラバーというお店がある。
ノラオンナさんというミュージシャンの方が切り盛りしている店で、毎日バーとして営業しているわけではない。
毎週木曜と日曜にライブが行われ、気まぐれにカフェやバーとして営業している日もある。
何屋さんと言ったらよいのだろうか。
ノラさんのお店、と私は呼びたい。


その生うたコンサートに、クララズは出演したのである。
お誘いが来たときはとても嬉しかった。
このコンサートの内容は、一般的なライブとは内容が違う。
出演者は1晩に1組。
ノラさんの作る美味しいノラ弁当が出るのと、スナックつき、ハイボールが飲み放題!
料金4500円の中にその内容がすべて含まれている。


外観からとても良い。
看板には、前のお店のロゴの凹凸が少し残っている。
「キューティーハニー♪」ってガールズバーだったらしい。
店内には真っ赤なカウンター、ピアノ椅子みたいな洒落た椅子、それらは前のお店から残っていたものらしいが。
あとはレコード、CD、ドライフラワー、いろんな形の照明、これらはノラさんが好きで置いたもの。
PA的機材はない。完全に生音のコンサートができる。
細長い店内でリハーサルをしたとき
ほとよい室内の響きで良い音だなぁと思った。
お客さんが来る前にドキドキした。
なにせ、今日は有料ライブとしては初めての、ワンマンライブだったからである。
お客さんは私だけを観に来る。
どうやったら楽しんでもらえるか、特に考えた。
考えなきゃ!じゃなくて、自然に考えた。
普段のライブでももちろんそうなのだが。


不思議なことにこの日は、
毎回よくみるお客さんではなく、全員が、初めてクララズ目当てに来るお客さんだった。
つまりお会いして初めての方や、2回目の方。
正直に言うと、席を埋め尽くすことはできなかった。
「オープンしてからずっとバタバタしてたから、今日ぐらいゆっくり出来そうでいいかも。」
とノラさん。


ソロで一時間たっぷり歌った。
この小さな空間で、私を目当てにいらした方のみが居るところでしか出来ないことをやった。
講話することが苦手な私が、なんだかんだしゃべっているうちに、あっという間に1時間が過ぎてしまった。
本編終了後のノラ弁当、これとても興味があった。
お客さんと並んでみんなで一斉にいただく。
大好きなミョウガに一番に箸をつけた。
卵焼き、カレー…美味しい。

そういえばつい3時間前くらいにナポリタンを食べたばかりだったのに、
歌うとかなり消費されるのか、
美味しいものを目の前にして食欲が増したのか、
ペロリとたいらげていた。

ハイボールのほか、京都の日本酒も飲んでみたりした。
日本酒をあまり美味しいと思ってこなかった私だったけど、これは甘く、どぎつくなくて美味しかった。
時間は刻々と流れていった。


この日、実は個人的に観たいと強く思っていたライブがいくつもあったのだが
その悔しさも忘れるほど、自分のライブが印象的で特別で、それで充分だと思った。
私にもこんなライブが出来るんだなぁと思った。
これはノラバーという場所、ノラさん、お客さんがそれを作ったとも言える。
感謝しています。
特別な夏の時間だった。

 
Trackback(-) comment (0) | クララズ
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌