2017/11/30 (木) 01:35:21

今年の冬も、たたかおう

毛布が重いからという理由でいつまでも布団の中にいた。
ふとカーテンから真っ青な空が見えたもんで
コンビニまで歩いていった。
今年最後の秋ポカ陽気かもしれない。
帰ってからいろいろ作業をしたけど、イラストレーターのやり方ひとつ覚えただけで
技から枝を生やすように楽しい試みをするのだった。
ちゃんと勉強したら色んなことができるはずだなあ。



自分は真面目というよりマメな気質であることが、最近の調べによりわかった。
(日記の更新は最近マメではなくなりましたね。まぁ良いだろう。)

なんら胸を張るべきでもない昔話をすると、
中学二年生の冬に英語検定の試験を放擲して、吹奏楽部の選抜メンバーが出演するアンサンブルコンテストの都大会を観に行ったことがある。
それは、コンテストに非常に興味を持ったこともあるが
3駅ほど離れた試験会場に一緒に行こうと約束していた別クラスの友達2人とうまく連絡がとれず
-えっ今日試験だけど結局どうするの?一緒に行かんの?あーもう面倒くさくなってきた!…そうだ、アンコン行こう。
…となり、母に「検定料は返すから」と試験の棄権を説得。
兄も「このまま試験に行かせても気が気じゃないだろうから、コンテストに行かせれば。」と私の肩を持つ。
寛容すぎるだろ(笑)
コンテストを観た私は、予想以上に大きな感動を浴びて
試験に行かなかった罪悪感も小さくなるぐらいに
自分の中で沸き上がるなにかを来年の目標にしたのだった。
翌年、英検の資格はしっかり取得し、冬のアンサンブルコンテストに出場を果たした上に金賞を受賞、高校受験にも合格できたのだった。
ああ、良い話だ。家族よありがとう。
やっぱり胸を張りたくなってきました。
好きなものに忠実でありたい。

 
Trackback(-) comment (0) | 日常
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌