2018/02/09 (金) 21:53:10

港区でひらめき

髪が伸びてくるとイモっぽくなるから、イモを切り離しに美容室へ行った。
壁面にあるシャンプーとかの宣伝ポップに、なぜかヴィレヴァ○の黄色い紙が使われていた。
サブカルの匂いゼロのこの場所にどうして黄色い紙があるのか非常に気になって
なぜあれが使われているのか美容師に尋ねた。
メーカーがヴィレ○ァンとコラボしていたときがあって、
それであの紙を貰ったので使っているのだと言う。
ヴィ○ヴァンのポップに使われている紙をメモパッドにして売ったら、結構売れるんじゃないかな、
と私は思い浮かんだ。



髪からイモさは削ぎ落とされた。素敵です。
素敵になった私は、美容室で眺めた雑誌に載っていた食事やらチョコレートやらに相当な食欲を掻き立てられたので、
すぐにこの街で昼ご飯に着手することにした。
学生たちがわらわらと坂を下ってゆく。
ここはどうやら学生街らしい。
地図を眺めればKO大学も中等部もある。



味噌ラーメンの写真に惹かれてラーメンやさんに入店した。
会社員たちがずらりとカウンターに並んでいた。
味噌ラーメンの食券を買うはずが、"特製"味噌ラーメンのボタンを間違えて押してしまった。
値段もだいぶ違うし取り替えてもらおうか…
でもお店の人は忙しそうだから大分めんどくさいだろうな。
私もめんどうだし、どうやら野菜がたっぷり入っているようだから
そのまま食券を渡した。
身近に、インフルB型の流行に乗った人がいる。
私はずっと元気でありたいため、栄養は惜しまず摂取しよう。

「野菜の量はどうしますか?」
「普通で。」
「にんにく入れますか?」
「(これから人に会う予定もないから)はい。」

やってきた特性味噌ラーメンには、野菜らしいものと言えば少量のトマトとネギと、もやし。
そして、細かく刻まれたにんにく。
スープを飲んですぐさま、にんにく風味がした。
こんなににんにくにんにくしてるもの、久しぶりで美味しいなあ。
次から次へとカウンターのお客さんが入れ替わり、
男性客は皆、にんにく抜きでラーメンを注文する。
今はお昼時で、これからまたお仕事ですからね。


この街の周辺がKOじみているとは知らなんだ。
KO仲通りという小さな商店街には店店がギュッと集結していて、
ポツリと現れた衣料品店はKOの制服をショウウィンドウに飾っており、なかなかに硬派な雰囲気を出していた。
それにしても私、にんにく臭くないかな…
美容室から出て素敵なお姉さんになったつもりが、
すぐさまゴツいラーメン店に入店してにんにくの香りを漂わせながら港区を歩くなんて。
良い午後だ。



駅前で、フィルムカメラの最後の一枚のシャッターを切ったときに
被写体であった鳥が羽ばたき、
「あぁっ」と思わず声が出た。
カメラマンにはこういう瞬間が何度もあるんだろうか。


 
Trackback(-) comment (2) | 日常
comment
stick boy #-
> カメラマンにはこういう瞬間が何度もあるんだろうか。
えっと、ポストカードにもしたのですけど、ニャンコの向こうにカップルと、そのまた向こうにスカイツリーが写っている1枚。
隅田川に架かる橋を渡り、遊歩道へと降りながら、「ここに猫がいたら、画になるだろうな~」なんて思っていたら、まさにそこに!
神様に思いが通じる瞬間ってのは、あるのだと思いました…。
広瀬すずちゃんが僕のお嫁に来てくれる日も、そう遠くないと思われ…。
…。

まぁ、でも真面目な話、写真の面白さというのは、こういうところにあると思うのです。
「ほら、この世界はまだ捨てたもんじゃないぜ!」
それって、まるで、ロックンロールみたいじゃない?
2018/02/21(水) 20:57:49 | URL | edit
Re: タイトルなし
クララ #-
> えっと、ポストカードにもしたのですけど、ニャンコの向こうにカップルと、そのまた向こうにスカイツリーが写っている1枚。
> 隅田川に架かる橋を渡り、遊歩道へと降りながら、「ここに猫がいたら、画になるだろうな~」なんて思っていたら、まさにそこに!

猫がいたから撮ったのではなく、猫からやって来たのですか!
まさに奇跡…
そういう写真を見ていると、生きている世界はそういう一瞬の連続でできていて、
自分はすごいところにいるんだなぁと面白いことに気づきます。
写真は瞬間を切り取るものではなく、拡大するもの、という誰かの好きな言葉があります。
写真作品になることによって、
過ぎていく一瞬が一瞬ではなくなるんですよね。

> まぁ、でも真面目な話、写真の面白さというのは、こういうところにあると思うのです。
> 「ほら、この世界はまだ捨てたもんじゃないぜ!」

まさに、その通りだと思います。

> 広瀬すずちゃんが僕のお嫁に来てくれる日も、そう遠くないと思われ…。

そそうですねぇ、なにが起こるか、わからないですからね…!
2018/02/22(木) 17:53:59 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌