2018/04/17 (火) 21:49:53

土台の上

4月17日

試したことがなかったものを活用しようとしている。
試運転の段階だけれど、詳しそうな人に訊いたり調べたりして、四苦八苦しながら進めて3日目くらい
ようやく目的のやり方を掴んでホッとした。


近所の包材専門店に、「こんなのありますか」って電話した。
当たり前に「ございます」と返ってきて、
ありがたみの思いが体に浸透した。
一歩も外に出る気はなかったけれど
「買いに伺います」と即答して出掛けた。
色んな種類のOPP袋を眺めてわくわくした。


こうして、手探りしながら自分でスコップ使って自分の歩く道を作るようなことをしている。
へばって休んで動いて、を繰り返しながら進んでいる。
つっても、ここは私にとっての未踏の地ではあるが
世間的には未踏の地ではない。
同じような道を通った人がたくさん居るから、こうやって
経験した人や、専門の誰かに頼ることができる。
ちょっとしたことでも、一人一人に感謝している。
Special Thanks!のクレジットを打つならば、それが一冊の冊子になってしまいそうなくらいだ。



昨日、仲間となにげなく、
南米のどっかの地域の主食は大豆らしいとか、ヨーロッパは麦か、とか話していた。
生きていく中で何度も浮かんだ疑問が、またここで浮かんだ。
ピザとかパスタとか米とか、生まれたときから当たり前にあるけど、
米を炊いて食べれる形にした最初の人はすごいなと。
麦を粉にして、水を加えてカタマリにした最初の人はすごいなと。
人間が持っている欲求が働かせた研究結果である。
それを既にベースにすることができている私たち現代人は、その代わり何に苦労しているんだろうか。
何もかもが満たされたところで、
欲求というものが働いている限りは、研究は続いて苦労が伴うのだろうな。


今日パスタの麺買ったら、麺が早く茹で上がるような形状に出来ていて、
それにびっくりしました。

 
Trackback(-) comment (0) | 日常
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌