2018/07/01 (日) 10:38:40

夏の陽


今日は痛くないタイプの治療だと思い込みながら歯医者に行ったら
レントゲンをとった結果から、
痛いタイプの治療を行うことになった。
この治療室には昔からテレビが設置されている。
歯医者さんが私の口に身をかがめたとき、テレビから
ピコリン、ピコリンという速報の音がした。

「ちょっと待ってね!」
歯医者さんは腕を止め、テレビのモニターに向いた。私もテレビに注目した。
気象庁から関東梅雨明けを宣言された。
「梅雨明けだって!」
「早いですね。」
「これから暑くなるよ〜」

その後、私は痛いタイプの治療を受け、2週間は詰め物がない状態で過ごさなければならないことになった。
それは予想外のことで、昨日の夜にタイ料理屋で、結構食べ応えのあるカオソイを食べてきてよかったなと思った。



撮影の打ち合わせをしに行った。
高いところから渋谷、新宿、西の山々、梅雨明けした青空を眺めた。
夏がはじまるし、これからちゃんとわくわくするようなことがあるなと思った。

 
Trackback(-) comment (0) | 日常
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌