2018/07/08 (日) 01:21:12

明るい休日

なにやっても大して心が躍らず、
つらいときに無理をするものではないなと思った。
それでも気心知れた人たちとくだらない話をするのはよかった。楽しいと感じるのがそのときだけだとしても。
そんな居場所があることは素晴らしいことだと思う。
あと、昨日いろんなニュースがあるなかで、いーはとーゔのフジロック出演の情報がすごく感動的だった。
ごめん、いーはとーゔはメンバーの人と交流があるのに、実際にライブを観たことがないんだ。
でもキクチくんを今日見かけて、まっさきにおめでとうと言えた。


高円寺でEupholksのライブ観た。
バイタルの振り幅が弱まっていた心が動いたのがわかって、嬉しかった。
ストレートな気持ちの良い音楽もあるけれど、
Eupholksの音楽には奥行きがある。
Uさんのドラムが特に、目を瞑って聞くと
ドラム、スネア、ハイハット、タムそれぞれに緻密にレイヤーが重なっているようだった。
単純に音の強弱からそう感じるのかもしれないが。
全てが必要な音だと感じた。
ちなみに会場が煙草の煙かなにかで目がしみたので、ライブ中はだいたい目を瞑って聴いていた。笑
これもたまには良いぞ。


建物を出ると、Uさんが水を飲みながら「暑い」と言ってヘタヘタしていた。
夜風に吹かれながら何気なく話していると、心がより安らかになってきた。
Uさんは暑くて辛そうだったけど。


今日知った、文禄堂という書店に立ち寄ってみた。
驚く程に落ち着く空間で、ちょっとのつもりが結構長居してしまった。
レジでは飲み物も売っていて、趣味の良い雑貨もあって、そういう程よいお洒落感もある。
それでも「街の本屋」感がベースになっているところが良い。
幸せな気分になって帰路につけてよかった。


各地の自然災害が気になる。
知っている街が増えていくと、本当に心配になるな。
先日の大阪の地震が、他人事とは思えなくなって
ようやく棚転倒防止のポールを取り付けたところ。
知識を身につけた上、
抗えない災害が起こってしまうとするならば
不自由ない生活に感謝しながら過ごしていくしかないか。
そういえば今日、渋谷のフレッシュネスバーガ〜の前を通ったら
店内で僧侶と女性が横並びに座っており
僧侶が女性の頭から首のあたりをマッサージしているのが目に入った。
帰りの電車に乗ったら、絵に描いたように赤い髪が360度に向かってツンツンの人が居て
東京は面白いなと思った。

 
 
Trackback(-) comment (0) | 日常
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌