2018/08/07 (火) 02:14:52

8月6日

8月6日


広島の鉄板焼き屋のママさんを思い出す。
「はちろくの時期が近づくと、お坊さんたちが来るからね、このカウンターにも座ったりするの」
ママさんと一緒に写ルンすで撮った写真を手紙と共に送ったけれど
ずっと、特に返事はない。
近所の常連さんの話し相手をするほか、
この時期は、たくさんの外からのお客さんのためにカウンターに立っていることだろう。


おとといのライブ、たくさん知らない人に観てもらえたけれど、
予想以上に、良い感想をもらえて嬉しい。
知らなかった方が反応してくれていることが。
本当にやってよかった。


帰りの電車で、上野駅の発車ベルが鳴り出したら
隣に座っていた外国人男性二人が
「やっべ!ベル鳴ってる!早く降りなきゃ!」
と口にはしていないがそんな心の声が聞こえてくるほど
物凄い勢いで電車を飛び出していったのが微笑ましかった。
実際には、そんなに急がなくても
充分間に合いそうだったのだが、
ベルが鳴り出してから閉まるまでのタイミングを知らないがゆえにあんなに急いでいた。
「ベル」なんてのも、上野駅だけ。
山手線のほかの駅は、「メロディ」である。
無機質そうに見えて、ベルには古くからの情緒が染み込んでいる。

 
Trackback(-) comment (0) | 日常
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌