2018/08/27 (月) 13:57:28

Dusk

8月26日

Predawnの10周年企画、"Dusk"Partyを観に上野の水上音楽堂に行った。
初めて来た野外音楽堂、屋根があって「あれれ快適そうだなぁ」と思った。
甲子園での屋根なし観戦や、昨日のイベントの暑さを経験したので
対策を知った自分はもう怖いものなしと思いきや
とても暑かった!笑
Predawn清水さんはMCで「私が晴れ女なばっかりに…」と言っていたが、それはめでたいことだ。

Predawnのほかにも何組かの出演者が登場して、楽しめた。
以前、ドミコを一度だけ観たことがあるけど、そのメンバーさかしたひかるソロ出演。
ソロになるとどうなるんだろう…と思ったけど
彼の芯が残った状態でのびやかな歌を聞けた。
ドミコでは見出せなかった、違う印象を受けた。ドミコも好きだ。

こういうフェスティバルは、転換中にアーティストがサウンドチェックをしているところまで観れるから面白い。
Achico(Ropes)がとてもキュートった。。
歌も良いし、なんて魅力的な人なんだろうと思う。

暑さから、コンビニへ一時避難したら
冷蔵コーナーの近くに入り浸ってしばらく戻れなくなった。
これも対策のひとつである。
そして会場に戻ると、ホリエアツシがRadio HeadのHigh&Dryを歌っていた。
この曲、夏と言うイメージが私にもある…

小山田壮平、9年前にandymoriを観て以来である。
もう彼の才能は怖いくらいだ。
言葉選びがすばらしい。
ピアノの方が登場して、小山田さんは楽器を置いて歌う。
自由になった鳥のようだった。

Predawnは、ドラムス神谷淳平、ベースにガリバー鈴木の編成。
清水さんの衣装、ヘアセット…ああああ素敵だ!!!
いつもライブでは、意外とカジュアルな衣装で、でもそういう素の感じが良いなと思っていたけれど、
10周年モードの清水さんは華やかだった。
ロックだった。
特に最後の曲は、めちゃくちゃそれを感じた。
加えて、そんな曲に載る歌詞は、清水さんに珍しい日本詞だった。
清水さんの内側にある好きなもの、そしてそれを外に向ける姿勢、その両方の針が振り切っていて
Predawnの延長でもあり新しい一歩でもあるように見えた。
本編が終わると、清水さんは逃げるようにステージを去った。
アンコールから去るときも、逃げるように、けど、こちらを振り返って拍手に包まれていた。

外に出たら、夕暮れの上野公園。
背の高い蓮の向こうには、夏らしい大きな雲があった。
あの雲の、陽が当たって一番光っているところに飛行機で飛び込みたいなと思った。
しばらく見ていると、ときどき雷が光っていた。
飛行機が突入してはならない、積乱雲だった。

"Dusk"ってなんだろうと、終わってから調べたのだが"夕暮れ"のことだった。
夜明け前を意味するPredawnは、夕暮れを見せてくれた。



蔵前にワープした。
友達に手紙を書くために、カキモリを目指すも
移転して駅から遠くなっていた。
とっくに陽は暮れていたのに、その道が、今日で一番暑かった。(笑)

レターセットを買って、ゲストハウスのバーに入店した。
今日だけなぜかフードメニューがない…
しかし、ゆっくり手紙を書ければいい。
ジャーキーをかじってビールを飲みながら、ゆっくりと過ごした。
そういえば、ここでPredawnのライブがいつしかあったけれど、どんな感じだったのかなぁ。
結構飲んでしまった。
手紙の内容は、それにしてはハチャメチャになってなくて、安心して投函できそうだ。

 
Trackback(-) comment (3) | 音楽
comment
stick boy #2b5mY6vk
> 清水さんの衣装、ヘアセット…ああああ素敵だ!!!
!!!
実を言うとPredawnのライヴレポを書くに際し、セトリ以上に衣装についての記述に力を入れている(...といっても、「サルエルパンツというのかスカンツというのかガウチョパンツというのか長めのハーフパンツというのか」という体たらくですが...Orz)私としては、このあたり詳しくお聞きしたい!!

> 10周年モードの清水さんは華やかだった。
> ロックだった。
> 特に最後の曲は、めちゃくちゃそれを感じた。
> 加えて、そんな曲に載る歌詞は、清水さんに珍しい日本詞だった。
まじか...。
福岡行の飛行機をハイジャックしてでも上野公園に突入するべきであった...か?

それはともかく。
クララさんがNuiのラウンジで書いたというお手紙、いつ僕のところに届くのでしょう...わくわく♪
...。
...え?
「そんな思いを込めて歌います!”エアメール”!!」
...<(_ _)>
2018/09/08(土) 20:02:11 | URL | edit
stick boy #-
...てか、最近こんな調子ですんごく忙しくて、クララズのライヴにも足を運べない状況なのですが、出来ることなら、そんなふうに足を運べない者にも思いを馳せて歌っていただきたいと思います!
クララズで「エアメール」!
はりきってどうぞ~!!
2018/09/08(土) 20:14:47 | URL | edit
クララ #-
お写真やセットリストなど、公開されましたねぇ!
小さな柄のワンピース、よくよく見るとギターのストラップも照明もすごく合ってますね。
https://predawn-official.tumblr.com/post/177765362590/live-report-2-20180826sun-predawn-10th

いやほんと、今後ライブで観れるとは思いますが、本編最後の新しい曲は、Predawnの音楽性の延長とも核とも思えますし、そして新しい試みとも捉えられるのです。
一番ぐぐっときました。

Nuiで書いたお手紙は東北の方に送ったのですが、ひょっとして間違っていましたかね!代わりにエアメールを歌います。

いやぁ本当にお忙しいんですね^^;
また是非、無理のないときにライブもお越し下さいませ◎
2018/09/14(金) 20:44:46 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
クララズによる自由研究、日誌